ミステリ亭 tama

当亭では、主にミステリ小説を蒐集しています。電話線が切断され、橋も落とされたようですので、お越しいただいた方はご自身で身をお守りください。

㊼シャーロック・ホームズの冒険 アーサー・コナン・ドイル

f:id:tamasan7:20210828205308j:plain

 

 


▶あらすじ

ホームズ物語は、月刊誌「ストランド」に短編が掲載されはじめてから爆発的な人気を得た。ホームズが唯一意識した女性アイリーン・アドラーの登場する「ボヘミアの醜聞」をはじめ、赤毛の男に便宜を図る不思議な団体「赤毛組合」の話、アヘン窟から話が始まる「唇のねじれた男」、ダイイングメッセージもの「まだらの紐」など、最初の短編12編を収録、第1短編集。

 

 

 

(個人的な)点数  8/10

 

 

 

名探偵の代名詞でもあるホームズを、これまでちゃんと読んだことがありませんでした。

中学生の頃、バスカヴィル家の犬を読みたくて、家にあった新潮版を手に取ったのですが、文字の小ささと文章の固さで読み切ることができず。それ以来、ホームズを通ることなくここまで来てしまいました。

 

そんな私も、この新訳のおかげでようやくホームズデビュー。

本作は、シリーズ最初の短編集で、赤毛組合や、まだらの紐など、誰しも一度は聞いたことのある有名な作品が収録されています。アイリーン・アドラーってこんな女性だったんだ、ぶな屋敷ってこんな話だったんだと、憧れていた有名人にようやく会えたような感じで、感慨深かったです(笑)

ホームズは思っていたよりも、人間味がありました。他人に興味のない冷酷無慈悲な推理マシンのような人物かと思っていましたが、コミュ力も高いし、卑劣な犯行に対し憤る場面も。

ワトソン君は優秀でした。日本のワトソン君たちは、探偵の一歩後ろにいる印象なんですが、本家ワトソン君はホームズと対等で、まさに相棒という感じなんですね。

 

さて、内容です。

現在人気を博している本格ミステリにように、ガチガチのロジックや、どんでん返しはありません。中には、「ホームズ全然推理してないやん」という話も(笑)依頼者を一目見ただけで、職業や家族構成などを当ててしまう有名なシーンも、いざ読んでみると、推測を断言しているだけで、推理とは言い難いです。

しかし、そんなことを思いながらも、ページをめくる手は止まらない。読者を惹きつける魅力的な謎から、あっと驚く意外な真相、ハラハラドキドキさせてくれるスリルのあるストーリー。すべてが完璧で、老若男女に愛されているわけが分かります。

 

全12作のなかで私が特に好きだったのはまだらの紐です。あの有名な凶器の正体はもちろん、怪奇的な雰囲気から、青髭を彷彿とさせるストーリーまで、楽しめました。そのほかには、似たテイストの技師の親指や、ぶな屋敷も好みでした。

 

評判通り、非常に読みやすい新訳版。私のように、新潮版でくじけた方にはぜひ手にとっていただきたいです。表紙も高級感があってお気に入り◎