ミステリ亭 tama

当亭では、主にミステリ小説を蒐集しています。電話線が切断され、橋も落とされたようですので、お越しいただいた方はご自身で身をお守りください。

51 妖魔の森の家 ディクスン・カー 【古典ミステリフェア】

f:id:tamasan7:20211005214404j:plain

 

 

 

▶内容紹介

長編に劣らず短編においてもカーは数々の名作を書いているが、中でも「妖魔の森の家」1編は、彼の全作品を通じての白眉ともいうべき傑作である。発端の謎と意外な解決の合理性がみごとなバランスを示し、加うるに怪奇趣味の適切ないろどり、けだしポオ以降の短編推理小説史上のベストテンにはいる名品であろう。ほかに中短編4編を収録。解説=中島河太郎

 

 

▶収録作品

妖魔の森の家

軽率だった夜盗

ある密室

赤いカツラの手がかり

第三の銃弾

 

 

 

(個人的な)点数 9/10

 

 

 

最近ショックを受けたことがあります。

それは、年々、古典ミステリを読むことが減ってきているということ。

これはいかんと思い、【古典ミステリフェア】を開催することにしました(笑)

いつまで続くか分かりませんが、しばらくは古典ミステリを読んでいこうと思います。

 

記念すべき1作目は、ディクスン・カーです。

カーと言えば、長編のイメージがありますが、なにやら傑作と評判高い短編があるそうで・・・それが本作、【妖魔の森の家】です。

 

どの収録作品もおもしろかったのですが、特に印象深かった2編について紹介します。

 

 

 

妖魔の森の家

ヘンリー・メリヴェール卿は、3人の若者とともに、妖魔の森へピクニックへやってきた。そのうちの1人、ヴィッキーが森に建つ別荘の密閉された部屋から姿を消してしまう。実は、彼女は20年前にも、同じ部屋で姿を消しており・・・。

 

妖魔の森の家は、ぜひ解説まで読んでほしい作品です。

本編だけでも充分おもしろいのですが、解説を読むことで、隠されていた伏線の数々に気づかされ、ミステリとしてのレベルの高さを実感できます。

この「見えない伏線」こそが、本編の傑作たる所以なんですね。

読者に手掛かりを提示しながらも、簡単に真相にたどり着かせないために、一文一文に細心の注意が払われています。カーが、フェアプレイをいかに重要視したかが分かります。

ミステリとしての完成度の高さ、一度読んだら忘れられないショッキングなトリック。怪奇小説、ひいては密室の父の名にふさわしい作品でした。

 

 

 

第三の銃弾

密室で射殺された元判事の死体の傍らには、拳銃を握りしめた青年がたたずんでいた。その青年はかつて判事に極刑を命じられ、判事に復讐を誓っていた。誰もが犯人は明らかと思ったが、被害者を襲った凶弾は青年の銃から発射されたものではなかった・・・。

 

ハウダニットと、フーダニットの両方が光る秀逸な作品です。

数多くの密室を書いてきたカーですが、一口に密室といえども、そのバラエティの豊かさには感心してしまいます。

本作の密室殺人でポイントとなるのは、人間の出入りではなく、3発の銃弾の出入りです。室内で放たれた銃弾の数と、中にいる人の数が合わないという不思議な謎。間取り図とにらめっこしながら弾道を考えるのが楽しかったです。

人間の心理や先入観を逆手にとったトリックも見事でした。

フーダニットにおいても、カーのこだわりが見られます。【ミステリあるある】に対する皮肉を効かせた展開になっており、おもしろかったです。

 

 

 

 

 

㊿兇人邸の殺人 今村昌弘

f:id:tamasan7:20210916201240j:plain



 

▶あらすじ

廃墟テーマパークにそびえる「兇人邸」。斑目機関の研究資料を探し求めるグループとともに、深夜その奇怪な屋敷に侵入した葉村譲と剣崎比留子を待ち構えていたのは、無慈悲な首切り殺人鬼だった。逃げ惑う狂乱の一夜が明け、同行者が次々と首のない死体となって発見されるなか、比留子が行方不明に。さまざまな思惑を抱えた生存者たちは、この迷路のような屋敷から脱出の道を選べない。さらに、別の殺人者がいる可能性が浮上し・・・。葉村は比留子を見つけ出し、ともに謎を解いて生き延びることができるのか?!「屍人荘の殺人」の衝撃を凌駕するシリーズ第三弾。

 

 

 

(個人的な)点数 7/10

 

 

 

※ネタバレを含みます。

 

 

 

 

剣崎比留子シリーズといえば特殊設定ミステリ

今回は、首斬り巨人が出て来ます。

屋敷の中を徘徊する巨人に見つかったら殺されるという、ホラーゲーム「青鬼」のような設定で、スリル満点でした。

ミステリとしては、パズル的要素が強く、推理するのが楽しかったです。

開閉すると音がする首塚の鉄扉がよい役割をしてましたね。屋敷の迷路のようなつくりと巨人の動線が掛け合わさることで、アリバイが生まれるのがおもしろかったです。

また、血痕の謎に関しては、被験者の高い回復力という特殊設定を活かしており、うまいなあと思いました。

 

 

 

ただ、謎解きをしていく上で、腑に落ちない点が1つありました。

それは、雑賀の首を切断する必要性とリスクが見合っていないことです。

 

まず、必要性から考えてみましょう。

裏井が首の切断トリックを実行した理由は、剛力の嫌疑を晴らすためです。

しかし、そもそも、剛力が雑賀を殺したと思っている人はいたのでしょうか…?

隠し部屋で殺されていた雑賀の胸には、たしかに剛力のナイフが突き刺さっていました。しかし、その死体の第一発見者は、剛力自身です。

彼女が犯人であるならば、ナイフは残さないはずですし、隠し部屋の存在は誰も知らないのですから、黙っていれば死体は一生見つからなかったはずです。

つまりこの場合、剛力が犯人であると考えるよりも、何者かが剛力のナイフを使い殺人を行なったと考える方が自然です。

もちろん、剛力による凝った自作自演だと受け取られる可能性は0ではありません。ですので、裏井の工作がまったくの無意味だったとは言いませんが、剛力の嫌疑を晴らす必要性は低かったと言えるでしょう。

 

 

次に、首切断のトリックに伴うリスクを考えてみます。

このトリックは、巨人が雑賀の首を切断してくれることが前提となっています。

しかし、巨人が副区画に侵入し、雑賀の死体を発見する保証はどこにもありませんでした。つまり、完全な運頼りだったわけです。

巨人が雑賀の首を切断することなく、朝を迎えてしまえば、死体のそばに何者かの血痕と中華包丁が転がっているという不自然な状況が出来上がっていたわけです。

「仮にそうなっていたとしても、これらの工作を行ったのが誰かまでは分からないからいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

たしかに、裏井のほか、ボスとマリアにも工作は可能でした。

しかし、それはあくまで結果論です。

裏井が工作を行った時点では、彼は自分以外の人物の状況までは分からなかったはずです。ボスとマリアにたまたまアリバイがなかったから良かったものの、裏井以外には工作が可能な人物がいなかった可能性だってあったのです。

つまり、彼にとって一連の工作は、運頼りであり、失敗すると相当のリスクがあったわけです。

 

以上のことから、裏井の行動は、リスクが高いわりには必要性が乏しかったと言えます。

(しかし、今回の犯行は、綿密に練られたものではなく、その場その場の状況をうまく利用した即興的なものだと書かれているので、ケチをつけるのはナンセンスかもしれません。結局は、3日粘ったにも関わらず謎が解けなかった私の負け惜しみです(笑))

 

 

これは余談ですが、裏井のような優男キャラって、犯人率が高い気がします(笑)

そのせいか、最近はミステリに優男キャラが出てくると真っ先に疑ってしまいます。

逆に自己中で粗野な人物を犯人にするほうが、実は新鮮だったりするかも…??

 

 

 

 

 

 

 

 

㊾ししりばの家 澤村伊智

f:id:tamasan7:20210911204116j:plain

 

 


▶あらすじ

おかしいのはこの家か、わたしかー夫の転勤に伴う東京生活に馴染めずにいた果歩は、幼馴染の平岩と再会する。家に招かれ、彼の妻や祖母と交流し癒される果歩だが、平岩邸はどこか変だった。さああという謎の音、部屋に散る砂。しかし平岩は、異常はないと断ずる。一方、平岩邸を監視する1人の男。彼は昔この家に関わったせいで、脳を砂が侵食する感覚に悩まされていた。そんなある日、比嘉琴子という女が彼の元を訪れ・・・?

 

 

(個人的な)点数 7/10

 

 

比嘉シリーズの4作目です。

 

今回は最強の霊媒師・琴子の物語。

彼女にとって、生き方を変えるきっかけになったししりばという化け物との因縁の対決が繰り広げられます。

 

本作には、琴子のほかに2人の主人公がいます。

1人目は、主婦として鬱屈した日々を送る果歩。13年ぶりに再会した幼馴染・平岩の家で、異様な光景を目にします。本作での恐怖の受け手です。

2人目は、琴子の同級生・哲也。小学生のころ、琴子と共に、幽霊屋敷でししりばに遭遇してしまったことで、普通の生活が送れなくなり引きこもりになってしまいます。

 

平岩邸の異様な光景、そこで平然と生活する一家の異常さ、隠されていたおぞましい秘密-「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」のようなねっとりした怖さはありませんが、サスペンス的な怖さがあります。

ししりばの正体や弱点をめぐる伏線回収も鮮やか。

また、今回はドラマ部分にも力がはいっており、哲也と琴子が前へ進むために、恐怖へ立ち向かうラストがアツかったです。

ホラーとドラマのバランスがよく、シリーズの中では一番好みでした。

 

 

 

 

㊽異端の祝祭 芦花公園

f:id:tamasan7:20210907231613j:plain

 

 

 


▶あらすじ

冴えない就職浪人生・島本笑美。失敗の原因は分かっている。彼女は生きている人間とそうでないものの区別がつかないのだ。ある日、笑美は何故か大手企業・モリヤ食品の青年社長に気に入られ内定を得る。だが研修で見たのは「ケエコオオ」と奇声を上げ這い回る人々だった―。一方、笑美の様子を心配した兄は心霊案件を請け負う佐々木事務所を訪れ・・・。ページを開いた瞬間、貴方はもう「取り込まれて」いる。民俗学カルトホラー!

 

 

(個人的な)点数 4/10

 

 

霊が見えてしまうことで、幼いころから孤独だった笑美は、大企業のモリヤ食品に思いがけず内定します。勤務初日に案内されたのは、体育館のような建物。そこで、行われていたのは、「兄弟」たちによる不気味な儀式。笑美はその異常さに危機感を覚える一方で、「社長」と呼ばれる謎の美少年・ヤンに惹きつけられていきます。

 

カルト、民俗学、ホラー、超能力・・・これらの要素がちょっとずつ混ざり合っており、どういう視点で読めばいいのか最後まで分かりませんでした。ホラーなのかなと思い読んでいると、「あれ?これただのカルト集団じゃない?」となるし、だからといってカルト小説として読んでいくと、超能力バトルが始まったり・・・。

「ホラーかと思えばミステリでした」というようなジャンルの転換が行われているわけでもなく、世界観が最後まで絞れませんでした。

カオスな分、得体のしれない怖さは十分感じられましたが。

ただ、儀式の内容やを言葉の言い回しを手掛かりに、ヤンたちの信仰対象を探っていく過程はおもしろかったです。

 

著者のデビュー作「ほねがらみ」を先に読んでおけば、作品の雰囲気も分かり、また違ったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

㊼シャーロック・ホームズの冒険 アーサー・コナン・ドイル

f:id:tamasan7:20210828205308j:plain

 

 


▶あらすじ

ホームズ物語は、月刊誌「ストランド」に短編が掲載されはじめてから爆発的な人気を得た。ホームズが唯一意識した女性アイリーン・アドラーの登場する「ボヘミアの醜聞」をはじめ、赤毛の男に便宜を図る不思議な団体「赤毛組合」の話、アヘン窟から話が始まる「唇のねじれた男」、ダイイングメッセージもの「まだらの紐」など、最初の短編12編を収録、第1短編集。

 

 

 

(個人的な)点数  8/10

 

 

 

名探偵の代名詞でもあるホームズを、これまでちゃんと読んだことがありませんでした。

中学生の頃、バスカヴィル家の犬を読みたくて、家にあった新潮版を手に取ったのですが、文字の小ささと文章の固さで読み切ることができず。それ以来、ホームズを通ることなくここまで来てしまいました。

 

そんな私も、この新訳のおかげでようやくホームズデビュー。

本作は、シリーズ最初の短編集で、赤毛組合や、まだらの紐など、誰しも一度は聞いたことのある有名な作品が収録されています。アイリーン・アドラーってこんな女性だったんだ、ぶな屋敷ってこんな話だったんだと、憧れていた有名人にようやく会えたような感じで、感慨深かったです(笑)

ホームズは思っていたよりも、人間味がありました。他人に興味のない冷酷無慈悲な推理マシンのような人物かと思っていましたが、コミュ力も高いし、卑劣な犯行に対し憤る場面も。

ワトソン君は優秀でした。日本のワトソン君たちは、探偵の一歩後ろにいる印象なんですが、本家ワトソン君はホームズと対等で、まさに相棒という感じなんですね。

 

さて、内容です。

現在人気を博している本格ミステリにように、ガチガチのロジックや、どんでん返しはありません。中には、「ホームズ全然推理してないやん」という話も(笑)依頼者を一目見ただけで、職業や家族構成などを当ててしまう有名なシーンも、いざ読んでみると、推測を断言しているだけで、推理とは言い難いです。

しかし、そんなことを思いながらも、ページをめくる手は止まらない。読者を惹きつける魅力的な謎から、あっと驚く意外な真相、ハラハラドキドキさせてくれるスリルのあるストーリー。すべてが完璧で、老若男女に愛されているわけが分かります。

 

全12作のなかで私が特に好きだったのはまだらの紐です。あの有名な凶器の正体はもちろん、怪奇的な雰囲気から、青髭を彷彿とさせるストーリーまで、楽しめました。そのほかには、似たテイストの技師の親指や、ぶな屋敷も好みでした。

 

評判通り、非常に読みやすい新訳版。私のように、新潮版でくじけた方にはぜひ手にとっていただきたいです。表紙も高級感があってお気に入り◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

㊻凶宅 三津田信三

f:id:tamasan7:20210822102732j:plain

 

 


▶あらすじ

山の中腹に建つ家に引っ越してきた、小学4年生の日比乃翔太。周りの家がどれも未完成でうち棄てられていることに厭な感覚を抱くと、暮らし始めて数日後、幼い妹が妙なことを口にする。この山に棲んでいるモノが、部屋に来たというのだ。それ以降、翔太は家の中で真っ黒な影を目撃するようになる。怪異から逃れるため、過去になにが起きたかを調べ始めた翔太は、前の住人の遺した忌まわしい日記を見つけ―。最凶の家ホラー。

 

 

 

(個人的な)点数 6/10

 

 

 

本作は、ホラーにしては珍しく、小学4年生の少年が主人公です。

そのわりには、容赦のない展開で、最後までヒリヒリしながら楽しむことができました。

 

曰く付きの家に越してきた小学生の翔太は、新居を一目見た時から、強い危機感を抱きます。越してきて間もないうちに、誰もいないはずのベランダに黒い人影が。

田舎が舞台の家系ホラーで、怪異だけでなく、よそよそしい村人たちや、言い伝えなど、おどろおどろしい雰囲気が出ています。

 

翔太は、家族を守るため、怪異の調査に乗り出します。前の住人の残した日記などから、怪異の全貌が徐々に明らかになっていき、ミステリとしても楽しめます。

夜になると妹の元を訪れる謎の人物(?)の正体についても、ギミックが効いていておもしろかったです。

 

また、翔太は近所に住む少年と仲良くなるのですが、彼らの友情がまたアツいのです。

2人は怪異を食い止めるため奔走しますが、怪異は容赦なく進行していき、何度も身の危険に晒されてしまいます。

本作は、相手が小学生だからといって手加減してくれるようなホラーではありません。どうか2人に最悪な結末が訪れないようにと祈りながら読んでしまいます。

田舎でのひと夏の冒険(?)という点では、スタンドバイミーを彷彿とさせるエモさがありました。

 

 

 

 

 

㊺トマト・ゲーム 皆川博子

f:id:tamasan7:20210816180326j:plain

 

 


▶あらすじ

壁に向かってオートバイで全力疾走をする度胸試しのレース、トマト・ゲーム。22年ぶりに再会した男女は若者を唆してゲームに駆り立て、残酷な賭けを始める。背後には封印された過去の悲劇が・・・第70回直木賞候補作の表題作をはじめ、少年院帰りの弟の部屋を盗聴したことが姉を驚愕の犯罪に巻き込む「獣舎のスキャネット」等、ヒリヒリするような青春の愛と狂気が交錯する全8篇を収録。恐怖と奇想に彩られた犯罪小説短編集。

 

 

(個人的な)点数 8/10

 

 

昨年は耽美派ミステリにドはまりし、皆川さんの作品も色々読みました。

「薔薇忌」「クロコダイル路地」「死の泉」「双頭のバビロン」「開かせていただき光栄です」-どの作品も、退廃的で狂気的で残酷で、儚く脆い美しさがありました。

 

しかし、本作は全く違います。語弊を恐れず言えば、腐りきった世界。狂気に蝕まれ、壊れてしまった人間たちの物語。そこに美しさは一切ありません。

 

どの話も一度読んだら忘れられないインパクトがありますが、最も衝撃的だったのは「密の犬」でしょうか。好きになった少女の言いなりになり、人生を狂わせていく青年と、その青年を毎朝窓から眺める少年。そのショッキングな結末は、R指定が必要なほど。

 

他にも、表題作「トマト・ゲーム」は、先の読めない展開ながらも、始終不穏な空気が立ち込め、読者の心を離しません。

家庭教師に恋をしてしまった少女の屈折したひと夏を描くアルカディアの夏」は、かろうじて青春小説と呼べるでしょうか。しかし、大人たちの身勝手な世界から逃げるため、壊れていく少女の姿は読んでいて痛々しいです。

 

本作におさめられているのは毒のきいた強烈な話ばかり。耽美派の女王の裏の顔を見てしまったかのような感覚でした。